6

初心者に最適なゴルフシューズとは?

ゴルフ場は基本的に天然芝です。ふわふわとして歩くと気持ちいいですが、普通のスニーカーなどを履いて歩くと滑って歩きにくいものです。そのため、芝生の上で行うサッカーやアメフトなどのスポーツシューズには、スパイクと呼ばれる滑り止めがついています。

スパイクがなければ、プレー中に足元の踏ん張りが利かず、スリップしてしまい、怪我につながる可能性もあるのです。ゴルフも同じで、滑りやすい芝の上でプレーするためには、ゴルフシューズは必須と言えるでしょう。

最近のゴルフシューズは芝生を傷付けないように、金属製のものではなく、セラミックやプラスティック製の鋲が付けられたソフトスパイクといわれるシューズが主流です。また、最初からシューズの底に大きな突起を付け、滑りにくい構造のスパイクレスシューズも数多く販売されています。このタイプであれば、家から履いて出かけ、ゴルフ場でも履き替えの必要がないというメリットもあります。

ソフトスパイクタイプを選ぶのか、スパイクレスタイプを選ぶのかはそれぞれの好みによるところです。ソフトスパイクタイプは、グリップ力に優れているので、スイングの時には足元が非常に安定します。しかし、グリップ力が強いとコース上を歩く時に芝が引っかかったりし、歩き辛い上、慣れるまでは足が疲れやすいようです。

ソフトスパイクを履く場合は、まずはコースに出る前に、練習場などで慣れておく必要があるでしょう。スパイクレスタイプは、靴底のパターンや素材によってグリップ力を高めている構造で、グリップ力はソフトスパイクタイプに比べると落ちてしまいますが、コースを歩く時に芝に引っかかる可能性がほとんどありません。

スパイクレスを履いた場合、グリップ力は弱まりますがコース上では歩きやすく、疲れにくいといえるでしょう。ゴルフスクールに通えば、ティーチングプロによるレッスンだけではなく、このようなシューズやウエア選びについてもアドバイスをもらうことができます。

都心にゴルフスクールがないと思っている方も多いのですが、実は池袋にもスクールがあります。池袋のスクールであれば、都心なので通いやすいでしょう。これらのことから、初心者はスパイクレスのゴルフシューズを履いてみることをオススメします。そして、スコアが安定し慣れてくれば、ソフトスパイクかスパイクレスのどちらがいいか検討してみてはいかがでしょうか。

7

身に着けておきたい、ティーグラウンドでのマナー!

初めてゴルフ場のコースをラウンドする時には、誰しも心配になるのがゴルフのマナーではないでしょうか。

練習場などで、ボールに集中し黙々とスイングする打ちっぱなしとは違い、ゴルフ場のコースでは他のゴルファーもいるため、マナーをきちんと守りながらプレーすることが大切になるのです。初めてのラウンドは、ただでさえ上手くショットできるかどうかで頭が一杯だと思いますが、マナーといわれるとさらに緊張する人もいるのではないでしょうか。

他のゴルファーの迷惑になるのを避けるためにも、ティーグラウンドでのマナーを事前に身に着けておきたいものです。ティーグラウンドでのマナーが大切であるのは、紳士のスポーツだからということもありますが、思わぬ事故につながる可能性もあるため、安全にゴルフをするためのルールでもあるからなのです。

ティーグラウンドは周りに人が多く、打ったボールが他のゴルファーに当たってしまうことや、グリップの握りが緩かったために、クラブがスルッと抜けて飛んでいくこともあります。自分がショットする際には、必ず周囲に人がいないかどうか安全確認してから行うことが大切です。

また、ティーグラウンドでは、自分の打つ順番がくるまでむやみに立ち入らないようにしましょう。打つ人の視界に入らないようにすることも大切です。打つ人にとっては、後方であっても、わずかな話し声や微妙な動きなどが非常に気になり、集中できなくなるからです。

バックスイング時も危険なので、後方に立つことはやめましょう。自分のティーショットの順番がくるまでティーグラウンドに立ち入らないことはマナーでもあり、事故を防止するためのルールでもあるのです。そして、ラウンドする際のこれらのマナーについて学んでみたい方は、ゴルフスクールに入るのもいいでしょう。

池袋にもスクールがあるので、都心にはないと思っていた方も池袋であれば通いやすいですね。また、スクールでは、いろいろなコース別のレッスンが用意されています。例えば、ツアープロコーチが監修したレッスンや、実際ゴルフコースに出向き、そこでラウンドしながらのレッスンなどもあり、同時にマナーについても学ぶことができます。自分に合ったレッスンを選び、正しいマナーを身に付け、ゴルファー同士お互い気持ちよくゴルフができればいいですね。

8

初心者のゴルフレッスンの選び方

社会人となり、会社に勤めるようになると上司や同僚からゴルフをするように勧められることがあるかと思います。中にはゴルフが仕事上の関係にも出世にも役立つと言われた方もいるようで、ゴルフを始めてみようと考えている方は多いと思います。

今ではネットなどでゴルフに関する情報を収集することもできますが、打ち方や姿勢、ボールの置き場所などは個人によって異なるものでプロの指導を受けた方が変な癖も付かず上達も早いでしょう。またゴルフクラブやグローブ、ゴルフウェアなどもプロに相談して使いやすいメーカーや資金の相談などをした方が適切な情報を入手しやすいといえます。

今では都内でレッスンを受けられるゴルフスクールが数多くあるので自分の家や職場から通いやすいスクールを選択することができます。レッスンは室内の練習場でおこなわれ、スイングやフォームについて適切な指導を受けることができます。また少人数の予約制でおこなわれるので、同時期にゴルフを始めた同僚や友人がいればレッスンに誘って一緒に上達することもできるでしょう。

コースレッスンも実施されていて、ゴルフ場で実際のコースを使用してレッスンが受けられるので室内の練習だけで急にコンペに参加しなければならないといった事態を回避することができます。その他のゴルフスクールを選ぶポイントとしてはレッスンの時間や料金などがあります。会社帰りにレッスンを受けたい方は夜遅くまでレッスンを行っているスクールを選びましょう。

レッスン料金は主に月謝制かチケット制となっており、例えば池袋にある「OWL GOLF」では月2回で?9,000、チケットなら5回で?25,000からとなっているので自分の予定に合った、無理せずに通える方法を選ぶようにしましょう。

それからコーチの選択も重要で、日本プロゴルフ協会によって公認されたティーチングプロがいるスクールを選ぶことをおすすめします。ティーチングプロとは高い指導能力とゴルフの知識に優れた指導のプロのことで前述の「OWL GOLF」の他、池袋のゴルフスクールには公認されたティーチングプロが在籍しているので事前にホームページなどで確認しておくとよいでしょう。

ただコーチによって指導の方法も様々で人によっては合わない人もいるかと思うので、最初に体験レッスンなどを受けて自分に合った、楽しくゴルフを学んでいけそうなコーチを選ぶようにしましょう。