3

クラブのメンテナンスを教えてくれるスクールも

池袋でゴルフレッスンを行うスクールが増えており、特徴をつけることで生徒の確保に繋げようと様々なサービスが行われています。ゴルフと体幹を解鍛えるトレーニングをセットで展開している教室や、プロが直接指導してくれるケースも増えており、選択肢が多いのが何よりの魅力になっています。

ゴルフ場に行かなくても室内で練習ができるようにしっかりと設備を整えるのはかなりの費用が掛かり、個人では難しい部分もあります。そのため交通の便が代池袋でレッスンが出来ると言うのはそれだけでメリットですが、その設備内容にもこだわっている所も多いのです。

例えば、通常のレッスンだけでなくゴルフクラブのメンテナンスや、ゴルフクラブの特性を調べるための機会を導入しているケースもあり、自分にあっているか、あるいはカスタマイズが十分かを確認できる場合もあるのです。

例えば、シャフトの振動数は大事な要素で、振動数が揃っているかどうかで打ち味が変わってきます。飛距離を伸ばすだけでなくコントロールにも重要な部分で、ヘッドの重さやグリップの長さを調整する、あるいはシャフトを削ることでこの振動を調整することも重要なのです。

クラブは自分でカスタマイズが可能なのが魅力ですが、きちんとしたデータ測定に基づいて行える環境は少なく、人に任せるとどうしても誤差が出る場合もあります。

この場合は科学的な知識や、経験を積んだプロの出番であり、微調整によってスコアが劇的に変わってくることもあり得るのです。また、メンテナンスが不十分で実力を発揮できていない可能性もあります。

ネット上で情報を収集することは簡単ですが、間違った情報も多く、上手く見極めるのが困難な場合もあります。そんな場合は実際に科学的に調べるのも方法で、実際のコースで実力が発揮できないなら、クラブの調整から始めるのも方法なのです。グリップの握り方など特性に合わせたポイントを指導してくれるスクールもあるため、練習場に自分のクラブを持ち込むのもメリットがあるのです。

4

池袋でシニア層を見据えたゴルフスクールが出来ている

団塊の世代の定年退職が進み、退職後の趣味に迷う人達も出てきています。仕事の付き合いから始めたゴルフを趣味にする人も増え、本格的に学びなおそうとする人や、新たな人間関係の構築にゴルフを学び始める人も生まれています。

池袋は様々な路線が乗り入れているだけでなく、都心に向かうための中継駅として使う人が多い駅です。現役時代に池袋経由で出勤していたサラリーマンも多く、足を運びやすいため、シニア層向けのゴルフレッスンを行うスクールも増えているのです。

ただシニア層をターゲットにするだけでなくプロのレッスンを受けられるのもポイントで、室内練習場でも十分な経験を積むことができます。最新の弾道計測システムや動画解析によるショットやフォームのチェックだけでなく、より体に負担をかけなず、より多くのコースを回るコツなども学ぶことができるのです。

実際にゴルフ場に出ても途中で体力が持たなくなってしまったり、疲れてプレーに集中できないようではもったいない気持ちになってしまいます。自分でどの程度と限界を見極めるだけでなく、怪我や疲労を防ぐための技術も重要になってくるのです。

初診者であっても受付を行っているスクールも多く、道具が全くなくても始められるのもポイントです。付き合いで興味を持っても、道具を一から揃えるとかなりのお金がかかってしまいます。シューズやクラブを貸出ししているスクールは増えており、打ちっぱなしも可能など気軽に楽しめるスクールもあるのです。

まずは試しにやってみるのも方法で、上達を感じられる方が腕前も上がりやすく、趣味としても長続きしやすくなります。ゴルフコンペを開いて実際のゴルフ場に出るスクールも多く、月に一度など頻度も全く変わってきます。

ゴルフ合宿などにイベント感覚で参加するのも方法で、時間があるからこそ楽しめる部分を満喫することもできます。シニア向けのゴルフ大会も様々な場所で開かれているため、腕前が上がればチャレンジしていくのも方法です。

40代以降、ゴルフを楽しむ体作りに亜麻仁油サプリメントはいかがでしょう?

5

間違いのない自分に合ったクラブ選びはできるのか

ゴルフの練習を始めてしばらくすると、ゴルフの道具がスコアに大きな影響のあることが分かってきます。特に直接ボールを打つゴルフクラブは大変貴重な道具といえます。ところがゴルフクラブは種類が沢山あり、ヘッドの種類やシャフトの組み合わせ等多すぎて迷ってしまいます。

クラブメーカーのカタログを見れば、よく飛ぶとか簡単に使えこなせるとかいい話はあるのですが、それが自分に合うのか判断が難しいです。実際にゴルフショップに行ってもたくさんあるクラブで、ドライバー一種類を選ぶだけでも大変です。フェアウェーウッド、アイアン、パターとそれぞれに特徴があり、それを理解して自分に合ったものを選択するのはかなり難度の高い作業になります。

私は、年一度ぐらいで出る今年のグラブの特徴をまとめた雑誌を買ってある程度方針を決めてクラブを選んだりしました。しかし、各クラブとも高額なものですから、購入して使ってみたら合わなかったとすると悲惨なことになります。私も何年か続けるうちに各クラブ何セットか増えてしまい置き場所にも困ってしまいました。

廉価版を出すメーカーのものを揃えたり、型落ち品、バーゲン品等があれば遠くまで出かけて行ってでも購入しましたが、それでもバカにならない金額になりました。普通のサラリーマンとしては痛い出費でした。そのうちに、いろいろと工夫するようになりゴルフショップで試打させてもらったり、まず中古品を安く購入して自分に合えば新品を購入する等の事はしていました。

クラブ選択の解説をしてくれる書籍もなくはないのですが、個人よる違いを細かく分析するのは不可能で、これでわかったというようなものには出会いませんでした。練習場でうまく打てても、ゴルフ場のコースに出るとうまく打てなくなったり悩みは尽きません。

結局自分の能力をよくわかった専門家に教えてもらおうと通っていたスクールのレッスンのプロに相談を持ちかけました。快く教えてくれ、よく知っている池袋のゴルフショップに同行してもらい選んでもらいました。だいだい揃ったのですが、フェアウェーウッドがスッキリせず池袋のショップでは揃わなかったので、プロの知り合いの自作クラブ工房を紹介してもらいました。

ここで作ったクラブも最高でした。使いこなすのにすこし時間はかかりましたが、クラブは万全と思うと悩みがなくなりスコアも安定しました。