15

初心者でも覚えておきたい、スコアのカウント方法!

今までゴルフは練習場のみだった人が、ゴルフ場でコースデビューすると、スコアのカウント方法についてよく知らない場合があります。スコアのカウント方法については、コースをラウンドする際には必要になることなので、よく覚えておく必要があります。

初心者であれば、クラブにボールがヒットせず、空振りすることもあるでしょう。もし、こうした空振りをした時などは、ごまかそうとするとマナー違反になるので、決してごまかそうとしてはいけません。空振りをしたこと自体はペナルティにはなりませんが、空振りのワンスイングも一打としてカウントします。

次にOBについてですが、ティーショットを打ったら、OBになってしまうこともあります。OBになってしまった場合は、一打罰になるので、ティーショットを三打目として打ち直します。また、セカンド以降のショットでOBになった場合については、一打罰で、打った場所の近くにボールをドロップして再度プレーを続けます。

初心者であれば、グリーン上に慣れていないこともあり、マークをしないでボールを拾ってしまうなんてこともあるかもしれません。ありがちなミスですが、プレー中にボールを拾う時には必ずマークを忘れてはいけません。これは一打罰になります。

また、初心者であれば、バンカーに入れてしまうこともあります。このバンカーに入ったボールを打つ際、クラブを構えたり、素振りをした時などにボールを打つ前にクラブで砂に触れてしまうとニ打罰となります。

ゴルフスクールでは目的別にいろいろなコースが用意してあり、施設でのレッスンだけではなく、実際のゴルフコースに出向き、コースを回りながらティーチングプロによるレッスンを受けることもできます。また、都心にはゴルフスクールがないと思っている方も多いのですが、実は池袋にもあります。

池袋のゴルフスクールであれば、交通の便も良く通いやすいでしょう。スクールでこのようなレッスンを受ければ、スコアのカウント方法も学ぶことができるでしょう。