1

コースデビューまでに揃えおきたいゴルフクラブ!

ゴルフコースを回る場合、ゴルフクラブはウッド、アイアン、パターなど、全部合わせて最大14本まで持って行くことができます。しかし、初心者の方はいきなり14本揃える必要はなく、最初は12本を目安にして揃えるといいでしょう。

また、プロなどが使用しているゴルフクラブが欲しくなる方もいると思いますが、最初は初心者向きのクラブを選ぶことが賢明と言えるでしょう。まずウッドですが、ドライバーとフェアウェイウッドに分けられます。飛距離を出すために1打目に使用するのがドライバーで、必ず1本必要です。

そして、フェアウェイウッドについては、初心者であれば、5W・7Wまたは、3W・5Wの組み合わせを選びましょう。特に5W・7Wであれば、ボールが上がり易く、ミスが出にくいため、最初に揃えるにはオススメの組み合わせと言えるでしょう。

アイアンは、ウッドと同様に数字で種類分けされているタイプのものと、ピッチングウェッジ、アプローチウェッジ、サンドウェッジなどがあります。初心者の方であれば、難しいとされるロングアイアンの3番と4番は避けた方がいいです。

そこで5番〜9番アイアンまでの5本と、ピッチングウェッジ、アプローチウェッジ、サンドウェッジの3本を選ぶとよいでしょう。グリーン上で使用するパターは、基本的に1本あれば問題ありません。パターはヘッドの形状により、ピンタイプ、マレットタイプ、L字タイプの3種類がありますが、初心者の方はミスショットになりにくいピンタイプのパターがオススメでしょう。

また、最初これらのゴルフクラブの揃え方が分からない方なども、ゴルフスクールに入ればクラブの基本的な選び方などを学ぶことができますし、一からレッスンを受けることもできます。練習場などで自己流のレッスンを積んできた方も、スクールに通うことでさらに上達が早くなるのでオススメです。

それに、都心の池袋にもゴルフスクールがあり、レッスンを受けることができます。交通の便がいいので、池袋のスクールはとても人気があります。コースレッスンを無料で募集しているゴルフクラブもありますので、一度見に行きたいもの。

これらのゴルフクラブを揃えたら、後はゴルフ場でのラウンドが待っていますので、思いきり楽しみたいですね。