2

ゴルフ初心者は覚えておこう!グリーン上でのマナー 

ゴルフ場でのコースデビューを控えた方は、スコアも気になりますが、同じようにコースにおけるマナーについても気になるのではないでしょうか。中でもグリーンは、ゴルファーであれば誰でも、例えプロでも緊張感の高まる場所といえます。

そのような場所においてプレーする以上、グリーン上で他のゴルファーの迷惑にならないように、特にゴルフ初心者の方はきちっとしたマナーを身に着けておく必要があります。グリーン上のマナーとして、まず、グリーン上では決して走ったりしてはいけません。

芝を傷つけてしまう恐れもあり、グリーン上では常に落ち着き静かに歩くようにしましょう。また、特に初心者に言えることですが、グリーンに入る前に他のゴルファーのパッティングラインをよく見ておき、そこは絶対に踏まないように注意する必要があります。

誤って足を踏み入れてしまったために、そのゴルファーのパッティングに影響がでてしまうこともあるからです。そして、同じようにカップ回りも非常にデリケート部分なので、カップインした後、ボールを取る際にはカップの縁周りを踏まないように気を付けましょう。

次に、ボールがグリーン上に落ちた時にできるクレーターのようなボール跡をボールマークといいますが、グリーンフォークを使って必ず直すのがマナーです。もし、ボールマークをそのまま放置していると、圧力を受けた芝の部分が枯れる原因になるからです。グリーン周りで右往左往してしまわないように、そんな時のために、グリーンフォークの使い方も練習しておく必要があります。

また、このようなマナーを一から学びたい方は、練習場に行くだけではなくゴルフスクールに通えば、いろいろなコースが用意されているので、中にはゴルフ場に出向いて実際にゴルフコースを回りながらのレッスンなども受けることができます。

そして、都心にはゴルフスクールがないと思っておられる方もいますが、池袋にもあります。池袋のスクールであれば、交通の便も良く通いやすいのでオススメです。このように、ゴルフ場でコースを回る場合は、基本的なマナーをきちんと身に着けていることが一人のゴルファーとして大切なことなのです。

健康のために田七人参のサプリメントなどを服用している方も多いことと思いますが、やはりゴルフなど体を動かし適度に運動していくことが一番ですね。