15

初心者でも覚えておきたい、スコアのカウント方法!

今までゴルフは練習場のみだった人が、ゴルフ場でコースデビューすると、スコアのカウント方法についてよく知らない場合があります。スコアのカウント方法については、コースをラウンドする際には必要になることなので、よく覚えておく必要があります。

初心者であれば、クラブにボールがヒットせず、空振りすることもあるでしょう。もし、こうした空振りをした時などは、ごまかそうとするとマナー違反になるので、決してごまかそうとしてはいけません。空振りをしたこと自体はペナルティにはなりませんが、空振りのワンスイングも一打としてカウントします。

次にOBについてですが、ティーショットを打ったら、OBになってしまうこともあります。OBになってしまった場合は、一打罰になるので、ティーショットを三打目として打ち直します。また、セカンド以降のショットでOBになった場合については、一打罰で、打った場所の近くにボールをドロップして再度プレーを続けます。

初心者であれば、グリーン上に慣れていないこともあり、マークをしないでボールを拾ってしまうなんてこともあるかもしれません。ありがちなミスですが、プレー中にボールを拾う時には必ずマークを忘れてはいけません。これは一打罰になります。

また、初心者であれば、バンカーに入れてしまうこともあります。このバンカーに入ったボールを打つ際、クラブを構えたり、素振りをした時などにボールを打つ前にクラブで砂に触れてしまうとニ打罰となります。

ゴルフスクールでは目的別にいろいろなコースが用意してあり、施設でのレッスンだけではなく、実際のゴルフコースに出向き、コースを回りながらティーチングプロによるレッスンを受けることもできます。また、都心にはゴルフスクールがないと思っている方も多いのですが、実は池袋にもあります。

池袋のゴルフスクールであれば、交通の便も良く通いやすいでしょう。スクールでこのようなレッスンを受ければ、スコアのカウント方法も学ぶことができるでしょう。

1

コースデビューまでに揃えおきたいゴルフクラブ!

ゴルフコースを回る場合、ゴルフクラブはウッド、アイアン、パターなど、全部合わせて最大14本まで持って行くことができます。しかし、初心者の方はいきなり14本揃える必要はなく、最初は12本を目安にして揃えるといいでしょう。

また、プロなどが使用しているゴルフクラブが欲しくなる方もいると思いますが、最初は初心者向きのクラブを選ぶことが賢明と言えるでしょう。まずウッドですが、ドライバーとフェアウェイウッドに分けられます。飛距離を出すために1打目に使用するのがドライバーで、必ず1本必要です。

そして、フェアウェイウッドについては、初心者であれば、5W・7Wまたは、3W・5Wの組み合わせを選びましょう。特に5W・7Wであれば、ボールが上がり易く、ミスが出にくいため、最初に揃えるにはオススメの組み合わせと言えるでしょう。

アイアンは、ウッドと同様に数字で種類分けされているタイプのものと、ピッチングウェッジ、アプローチウェッジ、サンドウェッジなどがあります。初心者の方であれば、難しいとされるロングアイアンの3番と4番は避けた方がいいです。

そこで5番〜9番アイアンまでの5本と、ピッチングウェッジ、アプローチウェッジ、サンドウェッジの3本を選ぶとよいでしょう。グリーン上で使用するパターは、基本的に1本あれば問題ありません。パターはヘッドの形状により、ピンタイプ、マレットタイプ、L字タイプの3種類がありますが、初心者の方はミスショットになりにくいピンタイプのパターがオススメでしょう。

また、最初これらのゴルフクラブの揃え方が分からない方なども、ゴルフスクールに入ればクラブの基本的な選び方などを学ぶことができますし、一からレッスンを受けることもできます。練習場などで自己流のレッスンを積んできた方も、スクールに通うことでさらに上達が早くなるのでオススメです。

それに、都心の池袋にもゴフルスクールがあり、レッスンを受けることができます。交通の便がいいので、池袋のスクールはとても人気があります。これらのゴフルクラブを揃えたら、後はゴルフ場でのラウンドが待っていますので、思いきり楽しみたいですね。

2

ゴルフ初心者は覚えておこう!グリーン上でのマナー 

ゴルフ場でのコースデビューを控えた方は、スコアも気になりますが、同じようにコースにおけるマナーについても気になるのではないでしょうか。中でもグリーンは、ゴルファーであれば誰でも、例えプロでも緊張感の高まる場所といえます。

そのような場所においてプレーする以上、グリーン上で他のゴルファーの迷惑にならないように、特にゴルフ初心者の方はきちっとしたマナーを身に着けておく必要があります。グリーン上のマナーとして、まず、グリーン上では決して走ったりしてはいけません。

芝を傷つけてしまう恐れもあり、グリーン上では常に落ち着き静かに歩くようにしましょう。また、特に初心者に言えることですが、グリーンに入る前に他のゴルファーのパッティングラインをよく見ておき、そこは絶対に踏まないように注意する必要があります。

誤って足を踏み入れてしまったために、そのゴルファーのパッティングに影響がでてしまうこともあるからです。そして、同じようにカップ回りも非常にデリケート部分なので、カップインした後、ボールを取る際にはカップの縁周りを踏まないように気を付けましょう。

次に、ボールがグリーン上に落ちた時にできるクレーターのようなボール跡をボールマークといいますが、グリーンフォークを使って必ず直すのがマナーです。もし、ボールマークをそのまま放置していると、圧力を受けた芝の部分が枯れる原因になるからです。グリーン周りで右往左往してしまわないように、そんな時のために、グリーンフォークの使い方も練習しておく必要があります。

また、このようなマナーを一から学びたい方は、練習場に行くだけではなくゴルフスクールに通えば、いろいろなコースが用意されているので、中にはゴルフ場に出向いて実際にゴルフコースを回りながらのレッスンなども受けることができます。

そして、都心にはゴルフスクールがないと思っておられる方もいますが、池袋にもあります。池袋のスクールであれば、交通の便も良く通いやすいのでオススメです。このように、ゴルフ場でコースを回る場合は、基本的なマナーをきちんと身に着けていることが一人のゴルファーとして大切なことなのです。